飴の銭より笹の銭

あめのぜんよりささのぜん。四方山話になりました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。バナーを押していただけると嬉しいです*

[ --.--.-- -- | --:-- | スポンサー広告 ]




先日折り箱にしたアスタリスク柄のデータなど、
繰り返し模様をすごく簡単に作る方法を紹介します





まず、表計算ソフトを用意します。
ここでは無料ソフトOpenOffice
表計算ドキュメントで説明をします。

Excelなど他の表計算ソフトともよく似通っているので
別ソフトでもだいたいわかると思います。



まずはアスタリスクの模様の作り方です。



初期状態から




ヘッダー・フッターと余白をなくして
行と列サイズを調節してセルを正方形の四角にし、


 

アスタリスクを打ち込んでコピー。




1セルおきにペーストすればできがあり。簡単!




右側のプロパティー→セルの外観、にある
『グリッド線を表示』のチェックボックスで
グリッドを非表示にすると全体像の確認がしやすいです。




少し細かい説明をすると、
書式→ページで設定画面を開き、

 

ヘッダー欄の『ヘッダーを付ける』と
フッター欄の『フッターを付ける』はチェックを外してオフに。




ページの余白は左右上下すべて0にしてOKします。
これで全面に柄が入れられるようになります。



コマンドAか、編集→すべて選択で全セルを選択し、

 

書式→行→高さ、で
行を0.6cm(6mm)に設定。


 

書式→列→幅、で
列も0.6cm(6mm)に設定。


 

アスタリスク記号を16ポイントで打ち込んで、
配置で左右と上下で中央揃えにします。




アスタリスクのセルと右隣の空白セルを選択して
端までドラッグしてコピペします。




2行目にも1マスずらしてコピペ。




1行目と2行目を選択、
A4サイズまでドラッグしてコピペ。




できあがり!
(これは印刷プレビュー画面です)

アスタリスクのフォントやサイズや、
行と列のサイズを変えれば
好きな大きさで好きな間隔で作れます。






アスタリスク記号*を、丸記号●に変えれば
ドットの水玉もできます。





セルの背景色や文字色を変えればカラフルに!
色の組み合わせも楽しいです。








そしてセルの背景色を交互に塗れば
市松模様。

背景色のみだとプレビューできないので
空白(スペース)なんかを上一列に入れておくといいです。




 

セルを一列選択し、
セルの外枠で線と線の種類を決めて
線を表示させます。
その列をコピペすればボーダーも簡単です。






スタイルや線の色の選択で
これまた多種多様なボーダーが作れます。






セルの背景色を使ったボーダーだと
細めから太めのまで自由自在です。



 

行の数字と数字の間にポインタを持って行くと
個別に高さの変更ができるので、
いろいろ適当に変えて


14093033.jpg

セルの背景色で色を塗れば、




ランダムなストライプにもなります。

インクをたくさん使う配色だと
うちのプリンターでは紙が波打ってしまうのが難点ですが…。


基本的にはこんな感じで、
同じ要領でチェックやタータンチェックなんかもできますし、
表計算ソフトだけでもすごく多種多様な柄が作れます。

先日リンクした、Illustratorの代用になる
フリーソフトのINKSCAPEでも模様はいろいろ作れますが、
単純な柄だとセルを使ったほうが楽にできて便利です。






OpenOfficeだと、余白を0にしても
下と右に少し空白の白い部分ができてしまいます。
でもいったんファイル→PDFとしてエクスポートして、
PDFの印刷のページ設定で縁なしの全面印刷にすると
問題なく全面に印刷できます。
(プリンターにフチなし印刷機能がある場合)

全面印刷は自動で少し画像が拡大されて
はみ出た分は自動でカットされているので、
白い余白がちょうど切れているようです。

それでも白地がはみ出る場合は、
102%や103%などで若干調整しながら拡大印刷すると
いいかもしれません。
スポンサーサイト


ランキングに参加しています。バナーを押していただけると嬉しいです*

[ 2014.09.30 Tue | 07:18 | 手作りあれこれ - 手作りあれこれ【工作系】 | コメント (2) ]




鬼皮をむいていた栗で渋皮煮を作りました。
今年もおいしくできて大好評!
あっという間になくなりそうです。



<レシピ(作り方)>



今回は上手に鬼皮がむけた栗が27粒。
この状態で500gだったので、皮付きで800gくらいでしょうか。

ステンレスかホーローのお鍋と
重曹(ベーキングソーダ)とお砂糖300gを用意します。


 

アクを抜くのと渋皮を柔らかくするために重曹で煮ます。
重曹小さじ1杯を入れ、


 

かぶるくらいのお水を加えて10分ほど中火で煮ます。
このお鍋と栗の量だとお水きっかり500ccでした。


 

ザルにあけて、流水で洗いながら
渋皮のざらついた繊維をこすり取り、
大きな筋も取ります。
取れない分は無理にせずにまた次回。

この、小さじ1杯の重曹で10分煮て洗って筋を取る、
の作業を数回繰り返します。


 

2回目。
灰汁のついた鍋も綺麗に洗い、また重曹小さじ1杯と
かぶるくらいの水で10分ほど煮て、
ザルにあけて洗います。
だんだん実が柔らかくなってくるので
優しくそっと扱います。


 

3回目。


 

4回目。


 

5回め。
だいぶアクが抜けてきたので
アク抜きは終了。


 

重曹を抜きます。
また洗ってかぶるくらいの水を入れ、
沸騰してから5分ほど煮ます。


 

お砂糖で煮含めます。
栗を洗ってかぶるくらいの水を入れて火にかけ、
煮立ったら砂糖300gを3回に分けて加えます。


 

クッキングペーパーで落とし蓋をし、
40分ほど弱火でコトコト煮ます。




煮汁が2/3くらいになったら
そのままフタをして一晩放置します。
常温で置いたほうが味が染みるので、
冷蔵庫には入れずにこのまま。

ここでブランデーを入れるとぐっと風味がよくなります。


 

完成!


 

汁ごと容器に詰めて、冷蔵庫へ。

栗を取り出したあとに
煮汁を1/2〜1/3くらいまで煮詰めておくと
もっと照りがでますが、今回はそのままです。




甘くてしっとり冷たくておいしい〜!
冷蔵庫を開けるたびにつまみ食い衝動と戦っています。

煮汁は栗風味のシロップとして使えます。
これでパンを焼いたりしてもおいしいのですが…
久しぶりに電源を入れたら
ホームベーカリーの機嫌が直っていたりしないかな〜。
渋皮煮を食べきったら挑戦してみたいです。





渋皮に穴を開けてしまった栗は栗ご飯になりました。
多めに3合炊いて、栗ご飯は足が早いので
多い分を先におにぎりにして冷蔵庫へ。
こちらもまたおいしかったです


ランキングに参加しています。バナーを押していただけると嬉しいです*

[ 2014.09.29 Mon | 07:11 | 手作りあれこれ - 手作りあれこれ【食品系】 | コメント (0) ]




栗むきのゴミ入れにしていたのは
昔母に教わった折り箱です。
コピー用紙で作っていますが、
実家ではよくチラシで折っていました。

散らばるものをまとめたりとか、
息子の爪をハサミで切るときとか、
針仕事や工作の細かい入れ物やゴミ入れにしたりとか、
栗や銀杏の皮をむいたりするときとか、
節分の豆撒きなんかにも重宝します。
箱ごとぽいっと捨てられちゃうのも楽ちんです。
(1枚0.5円くらいの安い用紙を買っています)

我が家は新聞を取っていないので
もっぱらコピー用紙ですが、
チラシだと大きいのから小さいのまで
数種類のサイズが作れるし、
果物の皮など水気のあるもののくず入れにできたりして
より使い勝手がよかったです。



コピー用紙を使うなら
せっかくだから絵柄をプリントしようかと思いたち、
ここ数年は柄付きの箱を作るようになりました。



写真の箱はアスタリスク模様。




*マークをただ並べただけですが、
これだけでもなんだか可愛らしいですよね。




そしてアスタリスクはフォントによって
ずいぶん形が違っていて面白いです。
お花っぽいのや手裏剣ぽいのや星っぽいのや、
角も4本から8本まですごくバリエーション豊富!
なので書体を変えるだけでも
また異なった雰囲気の柄になります。




他にもフリー素材の写真テクスチャとか、




スキャンした路線図やパソコンで作った柄など。

A4用紙に、端が残らないように全面印刷しています。
使い道はこの箱やぽち袋、封筒を折ったり
ちょっとした包装に使う程度なのですが、
無地よりも柄があった方が楽しいので
なにかと気にして柄データを集めたり
作ったりするようになりました。



箱の折り方は、



長方形の紙を


 

半分に折り、さらに半分。


 

中を開いて折ります。反対側も同じように。




脇を折り返していま折った部分を内側にして、


 

真ん中の線に沿って両端を折ります。反対側も。


 

右端を折り(ここが持ち手になる)、
左の三角部分も折ります(底の折り目)。


 

開いたらできあがり。
しまうときは、三角部分を持ち手の中に
入れ込んでおくといいです。





ストックがなくなりかけたら
またデータをプリントしてせっせと折り折り。
私は内側に柄がある方が好きです。




箱をひとつ開いておけば、
中にたたんだ状態のものを収納できて便利。


写真素材は、『テクスチャ フリー』などで画像検索すると
無料で使えるデータがものすごくたくさん出てきます。
気に入ったものをダウンロードして保存し、
プリントアウトすればOK。

パソコンで作った図案は今度またアップしますね


ランキングに参加しています。バナーを押していただけると嬉しいです*

[ 2014.09.27 Sat | 07:21 | 手作りあれこれ - 手作りあれこれ【工作系】 | コメント (0) ]


息子用に作ったひらがなとカタカナの
学習教材データです。
よろしければどうぞ

クリックで大きい画像が別窓に出るので、
そこからデスクトップにドラッグ&ドロップか
マウス右クリックの『別名で画像を保存』で
ダウンロードできると思います。

すべてA4サイズのモノクロ仕様、
JPEGファイルの解像度150dpiです。



【ひらがなの書き順表】




【ひらがなの書き順表/補助線とカタカナ記載あり】





【カタカナの書き順表】




【カタカナの書き順表/補助線とひらがな記載あり】





【ひらがなとカタカナの互換表】




無料・フリーで使える・子供・幼児・児童・幼稚園児・小学校低学年・一年生向け・学習素材・家庭用・印刷・プリントアウト


ランキングに参加しています。バナーを押していただけると嬉しいです*

[ 2014.09.24 Wed | 07:22 | 手作りあれこれ - 手作りあれこれ【教材系】 | コメント (6) ]


息子との交換日記用に作った用紙データです。
よろしければどうぞ

クリックで大きい画像が別窓に出るので、
そこからデスクトップにドラッグ&ドロップか
マウス右クリックの『別名で画像を保存』で
ダウンロードできると思います。

すべてA4サイズのモノクロ仕様、
JPEGファイルの解像度150dpiです。



【マス目 63文字】




【マス目/十字の補助線あり】





【縦行罫線 幅26mm】




【縦行罫線/中心の補助線あり】




【縦行罫線/ひらがなとカタカナ見本】
これは私の書き文字練習用に作った硬筆のお手本です。
バランスが難しい字は下に敷いてなぞったりもしています。





【お天気見本】
お天気アイコンはフリーのイラストを使用させていただきました。


無料・フリーで使える・子供・幼児・児童・幼稚園児・小学校低学年・一年生向け・学習素材・家庭用・印刷・プリントアウト


ランキングに参加しています。バナーを押していただけると嬉しいです*

[ 2014.09.24 Wed | 07:10 | 手作りあれこれ - 手作りあれこれ【教材系】 | コメント (1) ]


次のページ >>
/5ページ)
Copyright © 飴の銭より笹の銭 all Rights Reserved.


INFO

  • 笹上(ササガミ)と申します。
    9月生まれの乙女座A型、縦にも横にも大きめサイズ。夫と園児の息子と3人暮らし。扶養内でパートをしています。
  • お昼ごはんは150円以内が目標です。材料費は1円単位四捨五入しています。

  • にほんブログ村人気ブログランキングに参加しています。

    バナーを押していただけると、当日のランキングポイントと私の意欲が上がります。よろしければクリックお願いします!

  • 宣伝目的と思われるコメントは削除させていただきます。あしからずご了承下さい。

NEW ENTRY

CATEGORIY

ARCHIVE

RANKING


RECENT COMMENTS

SEARCH

GOOD THING




『GetMoney!』
ポイントを貯めて換金できます。
2005年から始めて
200万円近く換金できました。
おすすめです。



忍者AdMax

『忍者AdMax』
HPやブログに
広告枠のタグを貼って
キャッシュバック。
放置でいいので楽ちんです。





『げん玉』
こちらもポイント換金です。
楽天などで買い物するときも
げん玉を経由するだけで
ポイント貯が貯まるので
助かります。











イマージュネット

ベルメゾンネット





POWERED
    QLOOKアクセス解析  
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。